ビットコイン ウォレット

ウォレットは秘密鍵を持つ(つまり自分の)、
ビットコインアドレスをまとめたものです。

ウォレットサービスごとに詳細は違いますが、
受け取り用のアドレスを複数個用意したり、
おつり用のアドレスをそのつど生成したりするので、
複数のアドレスをひとつのウォレットとして扱うことが出来ます。

なおビットコインのプロトコルレベルでは、
ウォレットの概念は存在しません。

あくまでもビットコインアドレスが最小単位となり、
ウォレットはアドレスを便利に管理するために考えられた実装です。

事業者によっては、
ビットコインの自社アカウントをウォレットと呼ぶこともあり、
定義は曖昧です。

(ビットフライヤー公式説明)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

複数のお財布を持てる」という認識です。
(ウォレット=財布)

銀行口座の概念がなくなってくると思います。
(銀行の機能自体も)

・手数料が格段に安い
・送金がカンタン

という点がビットコインのメリットに感じています。

読まれているおすすめ記事

定番人気の取引所

コインチェック
いろんな通貨を500円から気軽に持てる
最短10秒でスマホからすぐ買える
マネックスグループで安心(上場企業)
ビットフライヤー
いつもの買い物でビットコインがもらえる
国内取引量No1(日本のパイオニア)
Tポイントに交換もできます(日本初)

実は使いやすい取引所

DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
11種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理