仮想通貨 リップル 今後

長期目線で価格と価値は上昇していくと思います。
理由は以下です。

1.SBIグループでの取り扱い
sbi 仮想通貨
(経営近況報告会資料:2017年6月29日)

SBIバーチャル・カレンシーズ(国内取引所)が2017年夏オープン予定で、
ビットコインやリップルの売買が可能になります。

また売買だけでなく、

・地域トークン(独自通貨)との交換、取引
・SBIコイン(仮称)と現金、SBIポイント、地金との交換

など出口連携も図られていて、

「企業間決済やあらゆるデジタル資産を媒介するブリッジ通貨」
としての利用を目指すと公言しています。

sbi max
(経営近況報告会資料:2017年6月29日)

また世界各国で流通する様々な仮想通貨の交換・取引を可能とする、
新たな仮想通貨取引所「SBI MAX」(仮称)の海外設立も準備中です。

・国内→SBIバーチャル・カレンシーズ
・海外→SBI MAX

それぞれSBIでの取り扱い開始によって、
国内外での知名度と購入量の増加が見込めると思います。

2.IOSアプリにアクセス可能に
リップル アプリ

ビットコイン・ドル取引所最大手のBitfinex(香港)は、
iOS向けのバージョン2.5.8のモバイルアプリリリースで、
リップル(XRP)へのアクセスを可能にしたことを発表しました。
(2017年7月1日)

Apple社がモバイルアプリケーション向けにXRPを承認したことで、
リップルは米ドルおよびビットコインとの取引に使用されます。

*現バージョンのiOSがサポートしている通貨
米ドル(USD)
ビットコイン(BTC)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
Zcash(ZEC)
リップル(XRP)

Bitfinexは今後もiOSアプリでより多くの通貨を扱うために、
Appleと協力し続けると公言しています。

リップルの最新情報はこちらのカテゴリーにまとめています。

(参考)リップルカテゴリー

私も引き続き保有量を増やしながら、
長期目線で価格上昇と価値の向上を見守ろうと思います。

読まれているおすすめ記事

定番人気の取引所

コインチェック
いろんな通貨を500円から気軽に持てる
最短10秒でスマホからすぐ買える
マネックスグループで安心(上場企業)
ビットフライヤー
いつもの買い物でビットコインがもらえる
国内取引量No1(日本のパイオニア)
Tポイントに交換もできます(日本初)

実は使いやすい取引所

DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
11種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理