ビットコインの次にくるコイン

1.ビットコイン2.0(通貨機能以外の技術)の将来性
2.提携、出資、関連企業の信用度

この2点からビットコインの次にくるコインは以下だと思っています。
(おさらいでビットコインの情報も併せて載せています)

コイン特徴・取引所判断材料
ビットコイン
(BTC)
2009年から取引
代表的仮想通貨

*国内取引所
ビットフライヤー
コインチェック
ザイフ
*決済できる場所が拡大中
Google
VISA
マイクロソフト
ペイパル
NTTドコモ
リクルート
GMO
ビックカメラ
エイチ・アイ・エス
DMM.com
ピーチ航空
コジマ など
イーサリアム
(ETH)
スマートコントラクト
(契約の自動化)

世界的企業と連携
(技術の注目度)

*国内取引所
ビットフライヤー
コインチェック
NASAのネットワークシステム
宇宙技術研究助成金プログラム
(STRG)

*導入、提携、出資
トヨタ自動車の子会社
マイクロソフト
デロイト
三菱UFJフィナンシャルグループ
ロシア政府銀行など

*UBSプロジェクト参加企業
(世界最大の金融持株会社)
バークレイズ
クレディスイス
KBC
SIX
トムソン・ロイターなど
リップル
(XRP)
決済送金システム
(数秒で完了)

ブリッジ機能
(通貨を繋ぐ)

*国内取引所
コインチェック
*出資、提携
Google
Apple
アメリカン・エキスプレス
SBIホールティングス
英スタンダードチャータード銀行
アクセンチュア
マネーグラム(米大手決済)
ビル&メリンダ・ゲイツ財団

*利用銀行
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
住信SBIネット銀行など

日韓ブロックチェーン
国際送金の実験開始
リスク
(LSK)
スマートコントラクト
(契約の自動化)
高いセキュリティ
(イーサリアムより)

*国内取引所
コインチェック
マイクロソフトの公式パートナー
windows搭載への期待
ネム
(XEM)
富の再分配
平等な経済圏創造

初期技術アドバイザー
堀江貴文さん
(ホリエモン)

*国内取引所
コインチェック
ザイフ(最安値)
取引所Zaifの運営会社
テックビューロのプラットフォーム
(代表がNEM.io財団の理事)

中国テンセントの無料対話アプリ
WeChatへ決済ウォレット提供

またビットコインから派生した「ビットコインキャッシュ」は、
取引処理能力がビットコインの最大8倍であり、

イーサリアムから派生した「イーサリアムクラシック」は、
分裂前の特徴を持つ元祖イーサリアムで根強いファンがいるので、

これらの派生コインも有効だと思います。
(ビットフライヤーとコインチェックで購入できます)

また草コインと呼ばれるアルトコイン(ビットコイン以外)の中でも駆け出しのマイナー通貨であれば、

世界初の音楽ストリーミングサービスの「トロン」や、

(詳細)トロン

Google Playやゴールドマンサックスが投資している「アップコインズ」も良いと思います。

(詳細)アップコインズ

ビットコインと比べてまだ価格が安いアルトコインは、
少ない資金でも購入枚数が増える分、価格上昇時の利益も大きくなります。

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

よく読まれている記事