ビットコイン 今後

1.投機
2.ビットコイン長者の誕生
3.明確なメリットによる参入者増加
4.ライフラインに浸透

この順番で今後発展していくと考えています。

1.投機
差益です。
(購入と売却の)

近日最高値を更新している
=売却益が狙えるからです。

2.ビットコイン長者の誕生
「稼げる」という認知が広まる
=投資として参入する人が増えると思います。
(実例が出た=言い訳できない)

3.明確なメリットによる参入者増加
・安価な手数料(送金など)
・利便性の高い決済システム(リアルタイム反映)

この辺りがより浸透すれば、
生活に密着した利用が増えると思います。

4.ライフラインに浸透
・公共料金支払い(レジュプレス)
・コンビニやペイジーでの購入可能(coincheck)
・Wirex(デビットカード決済サービス)
・バンドルカード(Visaプリペイドカード)

日々生活に密着したサービスが生まれています。

・MUFJコイン(三菱東京UFJ銀行の独自仮想通貨)
・みずほマネー(みずほ銀行の独自仮想通貨)
・ジーニアス(三井住友銀行のスマホアプリ)

メガバンクも導入しているので、
決済周りからより一般的な存在になっていくと思います。

読まれているおすすめ記事

やっぱり使いやすい!定番の取引所

コインチェック
いろんな通貨を500円から気軽に持てる
最短10秒でスマホからすぐ買える
マネックスグループで安心(上場企業)
ビットフライヤー
いつもの買い物でビットコインがもらえる
国内取引量No1(日本のパイオニア)
Tポイントに交換もできます(日本初)

東証一部上場企業のGMOで安心

GMOコイン
GMOならではの金融ノウハウを提供
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える

マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円