EOS(イオス)の将来性と取引所

EOS(イオス)は米独立系格付け機関のワイスレーティングが発表した、
世界初の仮想通貨格付け(2018年1月24日)で最高ランクに認定されました。

(詳細)格付けランキングの結果

この評価の結果の原因は以下だと思います。

1.処理速度の速さによる大手企業利用拡大の期待感
2.取引手数料がかからないコスト削減

まずEOS(イオス)の基本スペックは以下です。

EOS(イオス)特徴
単位EOS
公開2017年6月
発行上限枚数10億枚

ICO(新規仮想通貨公開)でトークンが公開された2017年6月26日から3日間で、時価総額9位になり価格が300%上昇した日もあり注目を集めました。

EOSは分散型アプリケーションに特化したプラットフォームであり、
大企業間で広く使用されること想定して開発されています。

イオスの大きな特徴はトランザクション(処理)速度の速さです。

1秒当たり処理速度がFacebook:5万2000、Google:4万程度に対して、
イオスは何百万もの処理をサポートすることができます。

加えて処理ごとに手数料を支払う必要がない実装になっているので、
取引量と回数が多い大手企業の大幅なコストダウンが期待されています。

この「処理の速さ」と「コスト削減」によるメリットに加えて、
冒頭の格付けランキング「最高位」による価格上昇が期待できます。

現在イオスを扱う国内取引所はないので、海外取引所を利用します。

イオス

以上の取引所で扱っていますが、主要なところは以下です。

取引所特徴
Bitfinex
ビットフィネックス
香港の大手取引所
米ドル取引高は世界第1位です。
CHBTC中国の大手取引所
取引量は世界トップクラスです。
HitBTC
ヒットビーティーシー
イギリスの大手取引所
ICO直後の仮想通貨も取引できます。
Kraken
クラーケン
アメリカの取引所
日本語にも対応しています。
ユーロの取引量は世界一です。

読まれているおすすめ記事

やっぱり使いやすい!定番の取引所

コインチェック
いろんな通貨を500円から気軽に持てる
最短10秒でスマホからすぐ買える
マネックスグループで安心(上場企業)
ビットフライヤー
いつもの買い物でビットコインがもらえる
国内取引量No1(日本のパイオニア)
Tポイントに交換もできます(日本初)

東証一部上場企業のGMOで安心

GMOコイン
GMOならではの金融ノウハウを提供
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える

マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円