ビットフライヤーがヨーロッパでサービス開始

ビットフライヤー

ビットフライヤーが2018年1月23日から、ヨーロッパ(EU)でサービスを開始しました。

子会社「bitFlyer EUROPE S.A.」が、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)指導の元「Payment Institution License」を取得しました。

ビットフライヤーは2017年11月29日からアメリカでもサービスを開始していて、子会社「bitFlyer USA」は米国41州で仮想通貨取引所運営許可を取得済みです。

ですので日本、アメリカ、EUにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得した世界で初めての取引所になりました。

現在ビットフライヤーで取り扱っている以下の通貨を持っておけば、

(詳細)取り扱い通貨一覧

今後の海外展開によって価格が高騰する可能性もあると思います。

東証一部上場企業のGMOで安心

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

よく読まれている記事