仮想通貨技術で銀行送金手数料が10分の1に

仮想通貨の基盤技術「ブロックチェーン」を使って、銀行間の送金手数料を安くするサービスが、2018年3月を目処に一部の銀行間で始まる見通しです。

送金手数料は各行が決めますが、最安値は現行の10分の1程度になるそうです。

ブロックチェーンとは2008年に開発された次世代型ネットワーク技術です。
「改ざんできない仕組み」になっていることが特徴です。

*ブロックチェーンとは何か?(IBM Japan)

メガバンク、りそな銀行、地方銀行など約60の金融機関がすでに実証実験を済ませました。

このうちインターネット銀行や地銀数行が2018年3月を目処に、スマートフォンのアプリを使って手軽で安価に送金できるサービスを開始します。

決済送金システムとして機能しているリップル(XRP)は、
この1ヶ月が価格が15倍弱(0.25ドル→3.40ドル)になっています。

(参考)リップルとは

今回の送金サービスの現実化に向けて、他の通貨の価値も高まると思います。

読まれているおすすめ記事

定番人気の取引所

コインチェック
いろんな通貨を500円から気軽に持てる
最短10秒でスマホからすぐ買える
マネックスグループで安心(上場企業)
ビットフライヤー
いつもの買い物でビットコインがもらえる
国内取引量No1(日本のパイオニア)
Tポイントに交換もできます(日本初)

実は使いやすい取引所

DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
11種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理