アービトラージ 仮想通貨

仮想通貨もアービトラージで理論上100%利益を出すことができます。
基本的に現物取引であり取引所間を移動できるからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*アービトラージとは
裁定取引のことです。
同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、
割高なほうを売り、割安なほうを買い、
その後、両者の価格差が縮小した時点で、
それぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。

(SMBC日光証券より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取引所間で取引価格が異なる理由は、
それぞれ各々の「オーダーブック」を使用しているためです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*オーダーブックとは
特定の金融商品の中での買い手と売り手の関心を、
記録するために使用する注文の一覧のことです。

オーダーブックは「板」とも呼ばれています。

オーダーブックを見れば買いたい人はいくらで買いたいのか、
売りたい人はいくらで売りたいのかという情報を知ることができます。

(Genx Notesより)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アービトラージ
(国内ビットコイン価格相場:2017年6月23日16:00)

・Ask=買値
・Bid=売値

ですのでもっとも安い買値の取引所で購入して、
もっとも高い売値の取引所で売却すれば差益が最大となります。

今回のビットコインのケースでは、

・Ask最安値=306,257円(QUOINEX)
・Bid最高値=307,420円(Zaif)

となり最高差益は1,163円/1BTCとなります。
(分かりやすくするために手数料とスプレッドは省略)

具体的な手続きの流れは以下です。

1.Ask最安値の取引所へ円をチャージする(銀行振込、クレジットカードなど)
2.Ask最安値の取引所で購入
3.Bid最高値の取引所へ仮想通貨を送金
4.Bid最高値の取引書で売却

この手続きでは送金によるタイムラグが発生します。
通常数秒〜数分で完了しますが、
混み合っている場合は数十分〜数時間になる場合もあり得ます。

その間に取引価格が変わる場合があるので、
より確実に取引をしたい場合は、

複数の取引所にあらかじめ円や仮想通貨を入れておいて、
価格差が生じたときにそれぞれの取引所で注文するのも有効だと思います。

仮想通貨はFXや株取引と比べてまだ参入者が少ないので、
アービトラージをやりやすいタイミングだと思います。

売買取引ではアービトラージが活発化すると、
取引所間の価格差を埋める動きに出てくるからです。

また専門でやっている人はbot(プログラム)を作り、
価格差を機械が常に監視して価格差が生まれた瞬間に注文をする
といった「自動化」を取り入れている人もいます。

読まれているおすすめ記事

やっぱり使いやすい!定番の取引所

コインチェック
いろんな通貨を500円から気軽に持てる
最短10秒でスマホからすぐ買える
マネックスグループで安心(上場企業)
ビットフライヤー
いつもの買い物でビットコインがもらえる
国内取引量No1(日本のパイオニア)
Tポイントに交換もできます(日本初)

東証一部上場企業のGMOで安心

GMOコイン
GMOならではの金融ノウハウを提供
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える

マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円