日本で唯一監査法人による外部監査を実施している取引所

仮想通貨 リップル 今後

長期目線で価格と価値は上昇していくと思います。
理由は以下です。

1.SBIグループでの取り扱い
sbi 仮想通貨
(経営近況報告会資料:2017年6月29日)

SBIバーチャル・カレンシーズ(国内取引所)が2017年夏オープン予定で、
ビットコインやリップルの売買が可能になります。

また売買だけでなく、

・地域トークン(独自通貨)との交換、取引
・SBIコイン(仮称)と現金、SBIポイント、地金との交換

など出口連携も図られていて、

「企業間決済やあらゆるデジタル資産を媒介するブリッジ通貨」
としての利用を目指すと公言しています。

sbi max
(経営近況報告会資料:2017年6月29日)

また世界各国で流通する様々な仮想通貨の交換・取引を可能とする、
新たな仮想通貨取引所「SBI MAX」(仮称)の海外設立も準備中です。

・国内→SBIバーチャル・カレンシーズ
・海外→SBI MAX

それぞれSBIでの取り扱い開始によって、
国内外での知名度と購入量の増加が見込めると思います。

2.IOSアプリにアクセス可能に
リップル アプリ

ビットコイン・ドル取引所最大手のBitfinex(香港)は、
iOS向けのバージョン2.5.8のモバイルアプリリリースで、
リップル(XRP)へのアクセスを可能にしたことを発表しました。
(2017年7月1日)

Apple社がモバイルアプリケーション向けにXRPを承認したことで、
リップルは米ドルおよびビットコインとの取引に使用されます。

*現バージョンのiOSがサポートしている通貨
米ドル(USD)
ビットコイン(BTC)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
Zcash(ZEC)
リップル(XRP)

Bitfinexは今後もiOSアプリでより多くの通貨を扱うために、
Appleと協力し続けると公言しています。

リップルの最新情報はこちらのカテゴリーにまとめています。

(参考)リップルカテゴリー

私も引き続き保有量を増やしながら、
長期目線で価格上昇と価値の向上を見守ろうと思います。

日本最大級の取引所

ビットフライヤー
日本一3冠(取引量・利用者数・資本金)
楽天市場などで貯まる、使える
国内初で不正利用の補償サービスを開始
 →補償サービスの内容
コインチェック
日本で一番ビットコインが簡単に買える
12通貨を取り扱い中(国内最多数)
バンドルカード(VISA)と提携中
 →バンドルカードの特徴と使い方

東証一部上場企業と国内取引高1位

GMOコイン
東証一部上場のGMOグループが運営
専用スマホアプリでいつでも本格取引
追加証拠金制度なしでロスカットのみ
QUOINEX(コインエクスチェンジ)
月間取引高国内1位(2017年3月時点)
14種類の通貨ペアで業界最多数
業界最狭の実効スプレッドを実現

Zaif(取引所)×マネパカード(Masterカード)

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
コイン積立で平均購入価格を下げられる
取引手数料マイナス0.01%
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

FX(証拠金)取引ができる

ビットバンク
追加証拠金なしでロスカットルールのみ
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットフライヤー
大手金融機関より強度な暗号化通信採用
レバレッジ最大15倍
ゴールドマンサックストレーダーが開発

ビットコインで入出金できるオンラインカジノ(日本語対応)

ベラジョンカジノ
登録者数No1(広告代理店の先月集計)
国際法ライセンス取得済
ボーナス出金条件が半分(40倍→20倍)

W88
1アカウントで全て遊べるのはここだけ
国際法ライセンス取得済
出金は24時間以内で対応