仮想通貨技術で銀行送金手数料が10分の1に

仮想通貨の基盤技術「ブロックチェーン」を使って、銀行間の送金手数料を安くするサービスが、2018年3月を目処に一部の銀行間で始まる見通しです。

送金手数料は各行が決めますが、最安値は現行の10分の1程度になるそうです。

ブロックチェーンとは2008年に開発された次世代型ネットワーク技術です。
「改ざんできない仕組み」になっていることが特徴です。

*ブロックチェーンとは何か?(IBM Japan)

メガバンク、りそな銀行、地方銀行など約60の金融機関がすでに実証実験を済ませました。

このうちインターネット銀行や地銀数行が2018年3月を目処に、スマートフォンのアプリを使って手軽で安価に送金できるサービスを開始します。

決済送金システムとして機能しているリップル(XRP)は、
この1ヶ月が価格が15倍弱(0.25ドル→3.40ドル)になっています。

(参考)リップルとは

今回の送金サービスの現実化に向けて、他の通貨の価値も高まると思います。

東証一部上場企業のGMOで安心

GMOコイン
GMOならではの金融ノウハウを提供
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

よく読まれている記事