ICOの最新おすすめ案件まとめ

ICO(Initial Coin Offering:新規仮想通貨公開)のおすすめ案件です。

案件特徴・目的
Unizon保険の相互扶助
3月15日18時までの事前登録でトークン無料配布中
2018年9月に上場決定
LODE金現物取引の不正防止
質の良い金を安心して買える
Fountain Connect世界初の透明な寄付活動
インセンティブを分配中
MOOVERモバイル通信量をシェアできる
(UberやAirbnbと同じシェアリング)
2018年夏頃に上場予定
REGAINマイニング(採掘)に参加不要で報酬を得られる
最高利回りは13.6%/月
現在業界2位でシェア80%を目指す

ICOでは企業が「トークン」と呼ばれる株式のようなものを投資家に購入してもらい、世界中から資金調達をする手段として一般的になってきています。

仮想通貨は取引所に上場した後に他の仮想通貨と交換できるようになるので、
新規公開株(IPO)に似ています。

ICOは「クラウドセール」や「トークンセール」とも呼ばれることもあり、
トークンセール前に特別価格や特典付きのトークンを購入できる「プレセール」もあります。

*ICOの流れ
1.プレセール
2.トークンセール(クラウドセール)
3.上場(一般公開)

購入時期が早いほど購入時に付与されるボーナスの%が大きかったり、
特別特典が付くケースが多くすぐに売り切れになることが多いです。

プレセールでは購入金額に一定以上の基準が設けられることもあるので、
情報の鮮度と資金力も重要なポイントになると思います。

補償・サポート付きの取引所

ビットフライヤー
日本一(取引量、ユーザー数、資本金)
株主はメガバンクや東証一部上場企業
最高500万円の不正ログイン補償付き
DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
7種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

通貨数が多い取引所

ビットバンク
GMOインターネットの元常務が社長
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットトレード
FX専業業者による安全な取引システム
レバレッジなし
Google認証システムでスムーズな取引

よく読まれている記事