仮想通貨 半減期

*半減期とは
採掘報酬が半減するタイミングのことです。
(ビットコインの場合は約4年に1回程度です)

*採掘(マイニング)とは
新規発行に至る行為のことです。


(一般社団法人日本クリプトコイン協会)

ビットコインの発行総量は2140年までに2,100万BTCとされていて、
それ以降新規に発行されることはありません。

以下ビットコインの半減期です。
(ビットフライヤー公式ページより)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
採掘報酬は1ブロックにつき50BTCから始まりました。
それから210,000ブロック毎に半減し、
6,929,999番目のブロックが最後の採掘報酬になることと決められています。

最初のビットコイン半減期である210,000番目のブロックは、
2012年11月29日に生成されており、
採掘報酬は25BTCに半減しました。

2回目のビットコイン半減期である420,000番目のブロックは、
2016年7月9日ごろに生成されると言われており、
採掘報酬は 12.5BTC に半減します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*半減期が存在する理由
価値をコントロールするためです。
(採掘量が減れば希少価値が上がる)

価値が上がるので半減期の前は価格も上がる傾向にあります。

*半減期はいつ来るのか?
各専門サイト(情報)で日時が公開されているものもあります。
(2017年6月25日現在)

・モナーコイン:2017年7月14日頃
・ライトコイン:2019年8月18日頃
・ビットコイン:2020年6月21日頃

2016年7月9日〜10日のビットコイン半減期の価格への影響は、
半減期当日の約2週間前〜1ヶ月前辺りで価格が高騰した過去があります。
(半減期相場と呼ばれています)

ビットコイン 半減期
(ビットコインの半減期相場@チャートはZiaf)

直近の半減期はモナーコインの2017年7月14日頃ですが、
チャートを見るとすでに半減期相場が現れている気もします。

モナーコイン
(モナーコインの最新チャート@Zaif)

過去のビットコインに習えば、
半減期の前後は大きく価格が下がっているので、
買い時のひとつのタイミングになると思っています。

*モナーコイン(モナコイン)とは
日本の巨大掲示板「2ちゃんねる」より生まれ、
2013年12月23日に公開された日本初の仮想通貨です。

国内取引所でモナーコインが買えるのは「Zaif」です。

補償・サポート付きの取引所

ビットフライヤー
日本一(取引量、ユーザー数、資本金)
株主はメガバンクや東証一部上場企業
最高500万円の不正ログイン補償付き
DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
7種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

通貨数が多い取引所

ビットバンク
GMOインターネットの元常務が社長
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットトレード
FX専業業者による安全な取引システム
レバレッジなし
Google認証システムでスムーズな取引

よく読まれている記事