イーサリアムとは

イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨です。

・イーサリアムの時価総額=約2兆3,500億円
・ビットコイン=約4兆4,000億円
(2017年6月2日時点)

仮想通貨全体の時価総額は約10兆円なので、
イーサリアムとビットコインで全体時価総額の約67.5%を占めています。

*価格遷移
2015年7月リリース
2016年1月1 ETH = 114 円
2016年2月1 ETH = 733 円
2016年3月1 ETH = 1,696 円(前年末比約16倍の上昇)
2016年12月1 ETH = 738 円(2016 年3月以来の安値)
2017年2月1 ETH = 1,198 円
2017年3月1 ETH = 6,746 円
2017年5月1 ETH = 29,126 円(半年間で40倍近くの上昇)

イーサリアム チャート
(リリースからのチャート推移@ビットフライヤー)

もう少し厳密にいいますと、
イーサリアムプロジェクト」という計画・組織があり、
必要な技術として提供されているプラットフォームの総称がイーサリアムです。
(プラッットフォーム=アプリケーションやソフトウェアなど)

このプロジェクトで使用されている仮想通貨のことを、
イーサ(Ether:ETH)と呼びます。

最近では名前が普及していて、
通貨自体がイーサリアムと呼ばれる機会も増えていると思います。

*特徴と仕組み
ビットコインは、

1.P2P(分散管理システム)で通貨の取引履歴台帳を管理
2.ブロックチェーン技術で不正改ざんを防止

することで通貨の信頼性を保っています。

イーサリアムはこのビットコインの性質に加えて、
スマートコントラクト」を実現しています。

*スマートコントラクトとは
契約の自動化です。
(賢い契約と呼ばれることもあります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(例)AさんがBさんから100円でアイスを買いました。

「従来の契約」
・AさんがBさんに100円を渡す
・BさんがAさんにアイスを渡す

そして改ざん悪用されないために、
署名、捺印、保証人などを取ります。

「賢い契約」(スマートコントラクト)
・AさんがBさんに100円を渡すと同時にBさんがAさんにアイスを渡す

ブロックチェーン技術は改ざんできないので、
署名、捺印、保証人なども不要になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように、

・従来の契約→人間が監視
・賢い契約→システムが強制的に契約を履行し、自動的に管理

という違いがあります。
現在はプロジェクトを拡大して、様々な取引に応用する動きに出ています。

*今後
イーサリアムの活用に共同で取り組む企業連合
「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」に、
トヨタ自動車の参加が決まりました。
(2017年5月)

この発表によって認知度も一層上がり、
イーサリアムの価値に大きな担保が加わったので、
引き続きの価格上昇と基盤の盤石化が進んでいくと多います。

現在ビットフライヤーやコインチェックなど、
主要取引所でも販売を受け付けているので購入することができます。

補償・サポート付きの取引所

ビットフライヤー
日本一(取引量、ユーザー数、資本金)
株主はメガバンクや東証一部上場企業
最高500万円の不正ログイン補償付き
DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
7種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

通貨数が多い取引所

ビットバンク
GMOインターネットの元常務が社長
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットトレード
FX専業業者による安全な取引システム
レバレッジなし
Google認証システムでスムーズな取引

よく読まれている記事