ビットフライヤーに上場予定のコイン

ビットフライヤー 上場予定

ビットフライヤー代表取締役の加納裕三さんが公式ツイッターで、
「1月中に新規アルトコインを導入します。(何かはお楽しみ)」
と発言しました(2018年1月5日)。

現在の取り扱い通貨は以下です。

・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・モナコイン

となりますと知名度、時価総額、伸び率を考慮して、
新規アルトコインとして導入されそうなコインは以下だと思います。

・リスク
・リップル
・ネム など

これらのコインを扱う国内販売所は「コインチェック」だけ(2018年1月現在)ですので、ビットフライヤーで取り扱いが開始すれば購入する日本人が増えて、
価格上昇の好材料になると思います。

実際に私はこの3つのアルトコインは保有していますが、
ここ半年で価格が「10倍」程度(以上)になっています。

そしてまだ国内取引所での扱いがなく、話題性が高い日本初上陸コインです。

・エイダコイン
・トロン
・アップコインズ
・スピンドル(GACKTが参加) など

国内初であればインパクトがありますし、
アルトコインの取り扱い数は「コインチェックの国内一強」である現状を、
打破するコインの追加を期待しています。

ビットフライヤー 上場

一部、当社の取扱予定コインについて情報を入手したと述べる方がいらっしゃるようですが、全て虚偽と思って下さい。当社では情報を厳格に管理しています。

とのことですのでインターネットの情報に惑わされず、
保有、買い増しをしながら公式発表を待とうと思います。

補償・サポート付きの取引所

ビットフライヤー
日本一(取引量、ユーザー数、資本金)
株主はメガバンクや東証一部上場企業
最高500万円の不正ログイン補償付き
DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
7種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

通貨数が多い取引所

ビットバンク
GMOインターネットの元常務が社長
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットトレード
FX専業業者による安全な取引システム
レバレッジなし
Google認証システムでスムーズな取引

よく読まれている記事