日本で唯一監査法人による外部監査を実施している取引所

バンドルカード

バンドルカード

バンドルカードを発行しました。

1.発行元が国内企業(株式会社カンム)
2.VISAデビットカードが使える
3.ビットコインからチャージできる(コインチェックと提携)

この3つの条件を満たすのが現状バンドルカードだけだからです。
公式アプリをダウンロードしてすぐに発行できます。

(公式)https://vandle.jp/
招待コード)ceecez

またコインチェックの口座から
ビットコインをスムーズにチャージすることができました。

(公式)コインチェック

国内企業(マネーパートナーズ)が発行している「マネパカード」は、
取引所(Zaif)からビットコインチャージができます。

(公式)マネパカード

マネパカードはMasterですでに持っていて、
「国内企業発行のVisaカードも欲しい」と思っていたので、
両方持ててビットコインを使う利便性が増えました。

*バンドルカードとは
Visaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードです。

・ネットでもリアルのお店でも使えるリアルカード
・ネット専用のバーチャルカード の2つのカードから選択できます。

・有効期限=5年
・発行手数料=300円(バーチャルカードは無料)
・年会費=無料
・口座維持費=120日間未利用の場合、以降30日毎に100円
(利用=支払いまたはチャージのことです)

残高が100円未満になった場合はカード解約となります。
カード解約後は口座維持費は発生しませんがカードは利用できなくなります。
ただしアカウントはそのままですので、カードを再発行することはできます。

・1回あたりのチャージ上限額=3万円
・月間のチャージ上限額=12万円
・残高の上限額=10万円
・有効期限内のチャージ累計額=100万円
(100万円に達したらカードの再発行ができます)

・チャージの方法
コンビニ、クレジットカード、ドコモのケータイ払い
ビットコイン、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)
ギフトコード(iTunesカードやAmazonギフト券ではありません)

・端末の対応バージョン
iOS: 8.0以降、Android: 4.4以降

国内企業の発行ですので、
「日本語でアプリも使いやすくてストレスがない」
ところがありがたいと思いました。

日本最大級の取引所

ビットフライヤー
日本一3冠(取引量・利用者数・資本金)
楽天市場などで貯まる、使える
国内初で不正利用の補償サービスを開始
 →補償サービスの内容
コインチェック
日本で一番ビットコインが簡単に買える
12通貨を取り扱い中(国内最多数)
バンドルカード(VISA)と提携中
 →バンドルカードの特徴と使い方

東証一部上場企業と国内取引高1位

GMOコイン
東証一部上場のGMOグループが運営
専用スマホアプリでいつでも本格取引
追加証拠金制度なしでロスカットのみ
QUOINEX(コインエクスチェンジ)
月間取引高国内1位(2017年3月時点)
14種類の通貨ペアで業界最多数
業界最狭の実効スプレッドを実現

Zaif(取引所)×マネパカード(Masterカード)

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
コイン積立で平均購入価格を下げられる
取引手数料マイナス0.01%
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

FX(証拠金)取引ができる

ビットバンク
追加証拠金なしでロスカットルールのみ
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットフライヤー
大手金融機関より強度な暗号化通信採用
レバレッジ最大15倍
ゴールドマンサックストレーダーが開発

ビットコインで入出金できるオンラインカジノ(日本語対応)

ベラジョンカジノ
登録者数No1(広告代理店の先月集計)
国際法ライセンス取得済
ボーナス出金条件が半分(40倍→20倍)

W88
1アカウントで全て遊べるのはここだけ
国際法ライセンス取得済
出金は24時間以内で対応