仮想通貨 リップル

リップル
リップルコイン
(リップルの購入履歴)

リップルを本日買い増ししました。
今後も価格上昇と利用価値がより高まると判断しているからです。
今後も適宜買い増し予定です。

(参考)リップルとは

判断材料の一つは「国際送金の大幅コストダウン」です。

リップル sbi
(SBI証券の公式資料)

リップルのシステムとリップルの仮想通貨「XRP」を併用すると、
海外送金コストを60%削減できるという内容です。

銀行間取引が本格化するまでは、売らずに保有しておこうと思っています。

*リップルの現状と動き
(現状)
・時価総額は2017年に82億ドルを突破
・2017年現在の時価総額通貨ランキングは4位
・独自の取引所として運営されているので転落の心配なし

(動き)
2016年6月13日
ニューヨーク州金融サービス局から仮想通貨ライセンスを取得。

2016年8月19日
SBI Ripple Asia株式会社は、
リップルの技術を支払いと決済に使用する新しいネットワークで、
日本の銀行コンソーシアムを創設すると発表しました。

2016年10月25日
コンソーシアムは正式に42の加盟銀行とともに発足しました。

2016年9月23日
分散金融テクノロジーに基づくグローバルな支払いのための、
最初のインターバンク・グループの創設を発表しました。

2017年4月
グローバルペイメントステアリンググループ(GPSG)メンバーは以下です。

バンクオブアメリカメリルリンチ
カナダ帝国商業銀行
三菱UFJフィナンシャル・グループ
ロイヤルバンクオブカナダ
サンタンデール
スタンダードチャータード
UniCredit
Westpac Banking Corporation

(今後)
SBIバーチャル・カレンシーズ(SBI証券の仮想通貨取引所)
での取り扱いが開始します。
(2017年8月予定)

現状リップルが買える国内取引所は「コインチェック」ですが、
知名度を信頼性を考えるとSBIでの取り扱い開始によって、
国内購入者が増えて価格も上昇すると見込んでいます。

東証一部上場企業のGMOで安心

GMOコイン
GMOならではの金融ノウハウを提供
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットバンク
GMOインターネットの元常務が今の社長
アプリストアNo1で使いやすい
セキュリティNo1で資産も安心管理

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

よく読まれている記事