仮想通貨の格付けランキング発表結果

米独立系格付け機関のワイスレーティングが74通貨を対象とした、
世界で初めてとなる仮想通貨の格付けを公表(2018年1月24日)しました。

主要通貨の格付けランキングは以下です。

格付け通貨名(単位)
Bイーサリアム(ETH)
イオス(EOS)
B-エイダコイン(ADA)
ネオ(NEO)
ストリーム(STEEM)
C+ビットコイン(BTC)
ダッシュ(DASH)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
Cリップル(XRP)
リスク(LSK)
モネロ(XMR)
イーサリアムクラシック(ETC)
ジーキャッシュ(ZEC)
ドージコイン(DOGE)
カウンターパーティー(XCP)
C-ビットコインキャッシュ(BCH)
D+ビットコインゴールド(BTG)
ゲームクレジット(GAME)

格付け基準は以下となります。

1.A(Excellent)
2.B(Good)
3.C(Fair)
4.D(Weak)
5.E(Very weak)
6.F(消失コインや詐欺コイン)

それぞれプラスまたはマイナスの符号が付き、プラス(より高い)・マイナス(より低い)となります。

今回最高格付けの「A」を取得した通貨はありませんでした。
そして約70%の通貨判定が「C」でした。

となりますと「B」のイーサリアム、イオスと「B-」のエイダコイン、ネオ、ストリームは価値が再認識されて、今後の価格上昇材料になると思います。

ワイスレーティングは1971年に設立された独立系の格付け機関で、
銀行など金融機関の格付け業務を手掛けています。

知名度は大手のS&Pグローバル・レーティング、ムーディーズ・インベスターズ・サービス、フィッチ・レーティングスと比べると劣りますが、
各国の規制報道が多い現状の悲観相場では、今回の発表は価格に少なからず影響すると思っています。

補償・サポート付きの取引所

ビットフライヤー
日本一(取引量、ユーザー数、資本金)
株主はメガバンクや東証一部上場企業
最高500万円の不正ログイン補償付き
DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
7種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

通貨数が多い取引所

ビットバンク
GMOインターネットの元常務が社長
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットトレード
FX専業業者による安全な取引システム
レバレッジなし
Google認証システムでスムーズな取引

よく読まれている記事