仮想通貨 不正引き出し

国内初で大手取引所のビットフライヤーとコインチェックが、
個人のIDやパスワードなどを第三者に悪用され、
口座から通貨を盗まれた際の「被害補償サービス」を開始しています。

*ビットフライヤー
三井住友海上火災保険と連携しています。
口座への不正ログインで仮想通貨を日本円で出金されたことが発覚した後、
警察による被害調査を経たケースを補償します。

ビットコインとイーサリアムが対象で、
保有残高に応じて補償上限が異なります。

補償上限額
1.預かり資産の合計が円換算で100万円を超える2段階認証登録ユーザー
500 万円

2.上記以外の2段階認証登録ユーザー
10万円

補償対象期間
1年間で1回
(2017年6月1日0:00~2018年6月1日16:00)

2段階認証とは
ログインパスワードに加えてさらに確認コードによる認証を行うことで、
アカウントのセキュリティをより強化するための仕組みです。
bitFlyerでは、電子メール・携帯電話へのSMSメッセージ・認証アプリの3種類の方法で二段階認証を設定することができます。

*コインチェック
不正ログインにかかる損失を最大100万円まで補償します。
東京海上日動火災保険と連携した補償サービスです。

日本円で不正に換金された場合に加えて、
ビットコインで不正送金された場合も補償対象となります。

二段階認証を設定しているユーザーアカウントが補償対象です。

損害保険ジャパン日本興亜も同様のサービスを検討中ですので、
次に実施する取引所はどこか注目しています。

補償・サポート付きの取引所

ビットフライヤー
日本一(取引量、ユーザー数、資本金)
株主はメガバンクや東証一部上場企業
最高500万円の不正ログイン補償付き
DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
7種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

通貨数が多い取引所

ビットバンク
GMOインターネットの元常務が社長
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットトレード
FX専業業者による安全な取引システム
レバレッジなし
Google認証システムでスムーズな取引

よく読まれている記事