ビットコインの換金方法

ビットコイン 換金

1.取引所から銀行口座へ出金する
2.デビットカードで世界中の加盟店で利用する
3.ビットコインATMから引き出す
4.両替所で換金する

ビットコインの換金方法です。

まず国内の取引所であれば通貨を売ると「円」に換算されます。
そして出金銀行口座と金額を指定すれば完了です。

次にビットコインでもチャージが可能なデビットカードは以下です。

(参考)デビットカードの最新情報

チャージしたカードは加盟店利用時にその国の通貨に換金されますので、
国内提携店であれば「円」として利用することができます。

そしてビットコインATMでは購入と売却(換金)が可能です。
ただし事前準備として「ウォレット」と呼ばれるビットコインを保管する財布が必要になります。

(参考)ウォレットの種類

ATMで利用するには「ウェブ」か「モバイル」が場所を選ばないという理由で、適していると思います。

国内のATM設置場所は飲食店がほとんどで以下です。
(店舗によっては適宜設置終了の可能性もあります)

設置場所店舗名
東京都銀座銀座沼津港
東京都銀座THE SNACK
東京都六本木​Two Dogs Taproom
東京都六本木THE PINK COW
東京都六本木Jokers Bar
東京都六本木Wallstreet Café
東京都六本木World Star Café
東京都麻布​Fujicrypto Co.Ltd.
東京都麻布R TOKYO
東京都麻布Berg and West
​東京都渋谷​COCONUT STAGE渋谷
東京都中野​コイントレーダー中野
東京都中野現金屋
​東京都浅草BMEX
​神奈川県VapeSwitch
千葉県長生郡E Money Exchanger Service LLC.
​茨城県つくば市​Agato
三重県松坂市​BITMASTER
​大阪府大阪市Rough Labo
​京都府京都市BITCOIN ATM Kyoto
​岡山県岡山市​Cafe&Dining PEACH
​岡山県岡山市HIMAWARI
広島県広島市Petit Colon
福岡県福岡市FUTERE EXCHANGE JAPAN
​鹿児島県鹿児島市​BITMASTER
​鹿児島県鹿児島市キッチンケン

最後に両替所は日本初の店舗型「SAMURAI EXCHANGE」が展開しています。
2018年1月現在で仮想通貨取引業者に登録申請中で一旦取引を中止してますが、登録完了次第再開予定です。

手数料の比較です。

換金方法手数料
取引所から出金216円〜756円(ビットフライヤー)
400円(コインチェック)
350円〜756円(ザイフ)
デビットカード国内0円(バンドルカード)
国内0円(マネパカード)
ATM2%〜10%程度(利用金額)
SAMURAI EXCHANGE無料

利便性と手数料を加味した上で取引所出金とデビットカードは良く利用します。
ただATMは設置場所の少なさと手数料の高さからまだあまり使っていません。

今後決済手段として機能性と価値が高まり、
メガバンクやコンビニATMでも利用できるようになる期待感も持っています。

補償・サポート付きの取引所

ビットフライヤー
日本一(取引量、ユーザー数、資本金)
株主はメガバンクや東証一部上場企業
最高500万円の不正ログイン補償付き
DMMビットコイン
24時間365日サポート(LINEも対応)
7種類の通貨(リップルなど)に対応
入出金・取引手数料0円

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

通貨数が多い取引所

ビットバンク
GMOインターネットの元常務が社長
レバレッジ最大20倍
コールドウォレットで資産を安全保管
ビットトレード
FX専業業者による安全な取引システム
レバレッジなし
Google認証システムでスムーズな取引

よく読まれている記事