ビットコインとは

ビットコインとは「仮想通貨」です。

仮想通貨とは特定の国家による価値の保証を持たない通貨で、
中央銀行や特定の企業といった発行元がありません。


(ビットフライヤー公式動画)

*歴史
2008年10月に中本哲史(サトシ・ナカモト)と名乗る人物が、
インターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

2009年1月にビットコインの理論を実現するためのソフトウェアが、
オープンソースで開発されて公開されました。
その後すぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。

2010年2月にビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。
2010年5月に初めて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。

*仕組み
単位は「BTC」です。

ビットコインの信用はネットワーク参加者全体で相互に形成されているので、
銀行のような中央機関を経由せず、直接1対1(P2P)で取引されます。

中核技術は「ブロックチェーン」と呼ばれ、
すべての取引履歴をネットワーク上で分散・共有しています。

*ブロックチェーンとは
2008年に開発された「次世代型ネットワーク技術」です。
「改ざんできない仕組み」になっていることが特徴です。


(ブロックチェーンとは何か?:IBMJapan)

資産や取引履歴をネットワーク場で「分散」して保持し、
「共有」することでビジネスプロセスを効率化しています。

2017年現在まで一度もデータ改ざんやシステムダウンが発生していません。

・インターネット=情報の革命
・ブロックチェーン=取引の革命

と言われています。

ブロックチェーンはオープンソースのテクノロジーを使うことで、
低コストで簡単にシステムを開発することができる上に、
元の所有者の許可なくコインを本人以外が勝手に譲渡することはできません。

また第三者はコインの譲渡を客観的に確認することができるので、
取引の確認作業により、ビットコインを報酬として得ることができます。
この報酬体型は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

*採掘(マイニング)とは
ビットコインの新規発行に至る行為のことです。


(一般社団法人日本クリプトコイン協会)

(参考)おすすめのマイニングマシンと電気代

ビットコインの発行総量は2140年までに2,100万BTCとされていて、
それ以降新規に発行されることはありません。

*メリット
1.自由な決済
いつでもどこでも無制限の支払いと受け取りが可能です。
銀行の休日や国境、支払い制限はありません。

2.非常に低い手数料
ビットコイン支払いは現在手数料なし、
または非常に低い手数料で処理されています。

3.透明性と中立性
ブロックチェーン技術によって、
完全に中立・透明で予測可能なものとして信頼できます。

4.利益
マイニング、価格差益(FX取引含め)によって利益を生むこともできます。

*購入場所
「取引所」で売買することができます。
購入方法は以下です。

1.取引所の口座を持つ(無料会員登録)
2.口座へ入金する(銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済など)
3.通貨と購入金額を決めて購入する

*使い方
1.利益を得る
取引によって短期売買差益を生み出したり、
保有通貨を取引所に貸し出して金利を得たり、
積立によって平均購入価格を下げながら長期保有をすることもできます。

2.決済手段にする
アプリのQRコードを利用したり、
国際ブランド(VISA、Master)のデビット・プリペイドカードを通じて、
世界中の提携店舗で使うことができます。

3.送金を便利する
海外送金などの手数料と時間を大幅に下げて短縮することができます。

提携中:世界中で決済が可能

Zaif(ザイフ)
マネパカードへビットコインチャージOK
ホリエモンが技術アドバイザーで応援
ネム(XEM)が一番安く買える
マネパカード
海外ショッピング日本最安のカード
審査なしで東証一部上場企業グループ
日本円への再両替手数料0円

上場企業運営の取引所

GMOコイン
東証一部上場企業のGMOグループ
専用スマホアプリでいつでも本格取引
提示価格の売買成立で取引コスト削減
ビットポイント
東証二部上場企業のリミックスポイント
金融庁元長官が特別顧問の管理体制
国内取引所唯一の電話サポート対応

よく読まれている記事